道の向こうにある夢

ひとりごと

あの頃、形を持たず手探りだった人生が、今は少しだけ輪郭を成すようになった。

あの頃よりは夢を持たない。

自分にできること、できないことの整理がついてくる。

それが歳をとる、ということの一つなのかもしれない。

夢を見るのに遅すぎることはないという。

もちろんその意見には私は賛成。

自分の人生の道なりにある夢を歳をとると把握できる、ということなのか?

突拍子もない夢を大人は見ない。

私は私の道の向こうにある夢をみる。

それはつまらないことなのか?

そう言う人もいるだろう。

だけど私は大人になったのだ。

夢を見ては挫折し、チャレンジしては失敗し、恋をしては敗れ、

友達とは喧嘩別れ、、、、

そして私は1人の何も持たない大人になった。

それは寂しいことではない。

願っていた通り、裸になって人生という名の道に立っている。

この、歳をとった何も持たない1人の女に一体何ができるのか?

それを私は見てみたい。

この道のずっと向こうにある風景。

それを見ることが私の夢であり、そのものが私の夢である。

大それたことは言わない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました