一冬分の薪

山のこと

薪が届いた。

一冬を越すための薪。

実際にはこれの倍ほどの量が届き、全部で800€。

今のレートで日本円にしたら107,700円くらいかな。

高いのか、安いのかは私にはわからない。

とにかくこれだけの薪がないと来年まで命は持たないのだ。

全てはこの薪頼み。

隣村のおじさんたちから買った。

おじさんたちは缶ビール片手に仕事をする。

小遣い稼ぎのために手伝いに来ているのだ。

小遣い稼ぎは仕事ではないのだろうが、彼らはそんなことで生きているのだ。

スペイン独特の成り立ち。

持ちつ持たれつ。

お金なんかなくたってご飯が食べれる。

大元のおじさんにわたしは100,000円ほど払い、手伝いのおじさんは3,000円ほど手にする。

持ちつ持たれつ、、、、か。

まぁとにかく私はこの薪で一年を裕に過ごせるのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました