個展(忘れられた言葉の断片)MADRID

仕事のこと

マドリードでの10年ぶりの個展が始まる。

昔にもお世話になっているギャラリーだ。小さいけれど散歩がてらの人がよく入っってくる。いくつかのギャラリーもこの通りにはあるし、マドリードで一番大きな画材屋さんも隣にある。オープニングの前にはもう幾つかの絵が売れた。オーナーも今回の私の仕事っぷりを喜んでくれているようだ。

戦争や、コロナの混乱中の世界で申し訳ない気持ちにはなるが、人はそれぞれに生きなければいけない。

懐かしい友人にも会えた。

ここからがスタート。ここからがスタート。

これからの課題も見えた。

とにかく今は絵を描きたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました