絵のこと

絵のこと絵のこと
ひとりごと

魔法の言葉

『もう誰も愛さなくてもいいよ』 とわたしの信頼している人が言ってくれた。 悲しい様に聞こえる言葉だけれど わたしには 楽になれる魔法の言葉だった。 わたしはもう愛を探し回らなくてもいい。 とても楽な呪文...
ひとりごと

見返らない

孤独を恐れてはいけない 孤独を憎んではいけない 孤独に泣いてはいけない 孤独から生まれてくるものを 私の心で感じ、私の言葉で表現し、私の手で形にする 孤独が私に与える全てのものを 私は見る。 それ...
山のこと

ただ気持ちの良い落書き

花を飾る。 最近、花を買うことにはまっている。 買うこと、、、というよりも。 花を愛おしく思う。 自分以外の命が欲しいのだろう。 動物は今のとこ飼うわけにはいかない。 植物が手っ取り早いのだ。 世...
絵のこと

手については親指、足については踵

手足について悩んでいる。 どうしても上手く描けない。 20年前からの悩みをようやく人にアドバイスを乞うことができた、、、 なぜ今まで相談しなかったのか、、、、 手については親指、足についてはかかと、らしい。 ...
絵のこと

真ん中を射抜く

若い頃は、体の中から何かが溢れて苦しくてどうしようも無かった。 体の中にある重要なことを1ミリも歪むことなく相手に伝えたくてもがいて泣いていた。 どんな言葉が適切で、どれくらいの音量で、どれくらいの質感が今の自分にしっくりくる...
絵のこと

量が質をつくる

私は何処にいるのだろうか?  と、時々思う。 私は私の道を歩けているだろうか?  これらの作品はまだ完成ではない。  白いペンで何かを描きたい。  だけど何を描いたらい...
絵のこと

森の楽譜

森の楽譜を書いた。 バイオリン弾きのあまり面識のないあのお姉さんにこの楽譜を託そうか、、、、、 春 夏 秋 目で光や色彩を見たり、両の手で物に触れたり、作ったり それらは...
絵のこと

一で一を知る

絵を描く。 この事が23歳の終わりに、私が自分の人生で課した決め事となった。 私は小さい頃からとても急いでいた。 本当に幼い頃から  「生きるとはなんなのか」 「人生と...
タイトルとURLをコピーしました