2021-02

ひとりごと

なんでもない全て。

私の言葉を完全に理解してくれる人がこの世の中にいるのだろうか? 言葉にならない何か。 言葉にならない透明な何か。 なんでもない想い。 なんでもない言葉。 なんでも川。 なんでもない森。 なんでもな...
ひとりごと

私のかたち

人が私に何を望んでいるのかが私にはわかる。 どのような仕草、どのような態度、どのような言葉。 私は、相手が望んでいる私の形を瞬時にして把握することができる。 それを与えるか、与えないかは、その時の私の気分次第、と言うこと...
街のこと

川へ行く月曜日

今週の月曜日も晴れた。 もう冬が終わるのだろうか? 私が住むスペイン北部のこの街は冬の間は雨ばかり降る。 時々見せる太陽も本当に気まぐれで、一瞬にして姿を消す。 今日の予報では一日中雨が降らないらしい! しか...
絵のこと

量が質をつくる

私は何処にいるのだろうか?  と、時々思う。 私は私の道を歩けているだろうか?  これらの作品はまだ完成ではない。  白いペンで何かを描きたい。  だけど何を描いたらい...
街のこと

サンティアゴ・デ・コンポステーラ スペイン

13年前、この街が好きで休暇のたびに遊びに来た。 首都のマドリードからバスに乗って、9時間の旅をしたものだ。 マドリードの街で友人を介して知り合った男の子の実家がこの街にあり、家族への紹介も受けて彼の実家に何度もお世話になった...
ひとりごと

道の向こうにある夢

あの頃、形を持たず手探りだった人生が、今は少しだけ輪郭を成すようになった。 あの頃よりは夢を持たない。 自分にできること、できないことの整理がついてくる。 それが歳をとる、ということの一つなのかもしれない。 夢を見...
ひとりごと

孤独が私に与えるもの

孤独を恐れてはいけない 孤独を憎んではいけない 孤独に泣いてはいけない 孤独から生まれてくるものを 私の心で感じ、私の言葉で表現し、私の手で形にする 孤独が私に与える全てのものを 私は見る 私は触る 私...
タイトルとURLをコピーしました